未来につなぐ橋梁塗装

橋梁塗替え工事の今…

既存塗装膜に有害物質が含まれている可能性があります

 鉛等有害物質が含まれている橋梁塗装の剥離作業に対し、厚生労働省労働基準局安全衛生部より通達が出され施工業者、作業者及び発注者にも安全対策の周知徹底が求められています。

 高齢化した橋梁の長寿命化の対策として、延命を図るべく多くの塗り替え工事が行われています。
その既存塗膜中に鉛・PCBなどの有害物質が含まれている橋梁も少なからずあり、素地調整などの作業の際、作業員の安全性の確保、外部へ漏洩防止対策や法令を遵守した廃棄物の管理及び処理が求められています。

 かつて橋梁などの防錆塗料に用いられていた有害物質として代表的なものは、鉛系さび止めペイント、フタル酸樹脂ペイントに含まれる「鉛及びその化合物及び六価クロム及びその化合物」があげられます。

 これらを含む塗膜は、塗替え塗装時の素地調整などによって産業廃棄物になった場合、法的に適正な管理及び処分を行う必要があります。
 鉛の毒性は、ばく露(接触・定着)により腹痛・嘔吐・伸筋麻痺・感覚異常症などの様々な中毒症状や溶血性貧血・ヘム合成系障害・免疫系の抑制・腎臓などの影響を引き起こすとされ遺伝毒性も報告されています。

PCB

 PCB(ポリ塩化ビフェニル)は、昭和43年から昭和48年までの間に生産された塩化ゴム系塗料の一部に可塑剤として使用されていました。人体に入ると様々な障害を生ずる有害物質であることが判明し、現在、使用が禁止されていますが、昭和48年以降に使用された塗料にもPCBが含まれていることが確認された事例も多数報告されています。

 当時の橋梁に塗装された塩化ゴム系塗料はそのまま現存しているものも多く、塗替え工事において素地調整の際は、剥離作業時の安全対策、周囲環境への漏洩防止対策、PCB含有塗膜及びPCBに触れた廃棄物の適正処理が求められています。(PCB廃棄物は、運搬にも法的制限がありまた処理場に関しても環境省認定の無害化処理確認施設でしか処分できません。)

当組合では、サンプル採集から試験報告までお手伝いいたします

 既存塗膜のサンプルを採集し、含有量試験を実施します。

結果が出るまで3週間以上かかるため、事前の計画が必要です。 試験結果によっては仮設計画を大きく見直す必要がありますので、ご注意ください。

 サンプルの採集、含有量試験については特殊な作業法、見解が必要になりますので、当組合までお問い合わせください。

 

お気軽にお問い合わせください

PAGETOP